Teeth development in children あなたはどこまでご存知ですか? 生えかわりの時期はとっても大切

乳歯から永久歯へ 歯の生えかわり そのフシギと対策
お口ポカンが引き起こすトラブル

「お口ポカン」はこのようなトラブルを引き起こす原因にもなります。

  • 【むし歯】いつも口を開けていると、汚れを落としたり、むし歯菌を退治してくれる“だ液”の分泌量が減り、むし歯や歯周病になりやすくなります。
  • 【口臭】だ液の分泌量が減って口の中が乾燥すると、ニオイの原因となる細菌が増え、口臭が強くなります。
  • 【ウイルス感染】お口ぽかんは口呼吸です。鼻呼吸は鼻がフィルターの役目をしてウイルスの侵入を防いでくれますが、口呼吸はウイルスが体内に入りやすく、インフルエンザを起こすリスクが高くなります。
  • 【顔のゆがみ】噛み合わせが悪くなることで、あごの骨や中顔面(目と口の間)の成長に悪影響を及ぼし、面長な顔になるなど、顔の印象が変化していくケースがあります。
お口はなぜおきるの?

「お口、閉じなさい」と注意しても、またすぐに開いているなんてことはありませんか?
もしかしたらそれは、お子さんの不注意ではなく、他に原因があるのかも知れません。

舌の正しい位置をご存知ですか?

リラックスした時、舌全体が上あごにピッタリとつき、舌の先が上の前歯の根元に触れるかどうかくらいのところにあるのが正しい位置です。
舌の筋力が弱いと正しい位置におさまらず、下あごの中にダラリと横たわってしまいます。このように舌の姿勢が悪くなっている状態を「舌癖(ぜつへき)」といいます。

お口ポカンの原因は?

舌癖があると、舌が歯を押して歯並びが悪くなるだけでなく、前歯が伸びるのを妨げたり、あごの形を変形させてしまいます。また奥歯を噛み合わせても前歯が閉じない「開咬(かいこう)」という状態になりやすく、お口ポカンの原因に。

舌の筋力が弱い人は唇を閉じる力も弱くなり、お口ポカンになりやすい傾向があるので、日頃から口の周りの筋力を鍛えることが大切です。

  • 正しい舌尖の位置
  • 悪習癖がある舌尖の位置
舌癖(ぜつへき)のきっかけは何?

舌癖は舌の筋力が足りないだけでなく、普段の生活習慣とも深い関わりがあります。
次の内容に心当たりがあれば、注意が必要です。

  • 食の与え方に問題 口びるの力が弱いと、舌を前に出す癖がつくことも。食べ物を上手に噛んで飲み込めないため、舌の位置が下がってしまう原因になります。

    お母さんへのアドバイスはこちら

    お母さんへのアドバイス 離乳食の与え方に気をつける。 口びるでとらせるように与えましょう。それと同時に、しっかりと噛んで飲み込む練習をしていきましょう。

  • 指しゃぶりの癖がとれない 指しゃぶりの癖が3歳ちかくになってもとれないとお口に入れた指が前歯を押し出し、開咬の原因となります。

    お母さんへのアドバイスはこちら

    お母さんへのアドバイス おしゃぶりの卒業。 2歳半くらいには指しゃぶり、おしゃぶりをやめられるようやさしく指導してあげてください。

  • 乳歯の前歯が早く抜けてしまう むし歯やケガなどで前歯が早く抜けてしまうと、なかなか永久歯が生えてこないことも。歯の隙間を気にして舌を突っ込む癖がつくと開咬の原因になります。

    お母さんへのアドバイスはこちら

    お母さんへのアドバイス 前歯のむし歯やケガに注意 哺乳びんをいつまでも使っていると前歯がむし歯になりやすくなります。虫歯にならないよう注意しましょう。

  • いつも鼻がつまっている アレルギー鼻炎などで鼻がつまっていると、口呼吸になってしまいます。空気を通すために舌を下げなければならず、舌癖がついてしまいます。

    お母さんへのアドバイスはこちら

    お母さんへのアドバイス 鼻づまりを解消し、鼻呼吸をすることが重要。 耳鼻科の先生に診てもらうことも、予防・改善の方法のひとつです。

舌癖(ぜつへき)のきっかけは何?;

舌癖は舌の筋力が足りないだけでなく、普段の生活習慣とも深い関わりがあります。
次の内容に心当たりがあれば、注意が必要です。


お子さんの成長・発育で大切な役割を果たしている舌。この機会に舌癖がないか、チェックしてあげてください。
トップへ戻る
親子で学ぶ歯の絵本
歯のきょうしつ
お問い合わせ